新星学寮の建築と募金のお願い

  新星学寮物語

新星学寮物語

新星学寮物語 (理解を深めるために)

文学作品、新聞連載になった新星学寮
1 新潮2014年2月号「東京へテロトピア」より
PDF『アジア、日本、東京』  ◆新星学寮
                         温 又柔(おん ゆうじゅう)
温 又柔:(おん ゆうじゅう、Wen Yourou、1980年5月14日)台湾籍の日本の小説家。台北市に生まれ、3歳より日本に住む。 法政大学国際文化学部卒業、同大学院国際文化専攻修士課程修了 「東京ヘテロトピア」に参加し、東京のアジア系住民の物語を執筆した。2016年、 『台湾生まれ 日本語育ち』で第64回日本エッセイストクラブ賞受賞。2017年、「真ん中の子どもたち」で第157回芥川龍之介賞候補。(Wikipedia)
2 朝日新聞 2005年9月20日~27日連載「ニッポン 人・脈・記」より(承諾書番号A17-0941)
PDFアジアの留学生と⑤ 二階建ての小さな寮から(「哲人」のことば今も耳に)
PDFアジアの留学生と⑥ 反戦の「ブー君」を守れ (ベトナムで生きる信念)
PDFアジアの留学生と⑦ 戦争の傷の深さよ(心でつなぐアセアン)
『訂正文:杉浦正健氏が出会ったイラニ氏を「アフガニスタン」の商工会議所副会頭としたのは、「パキスタン」の誤りでした。訂正します。』
PDFアジアの留学生と⑧ 戦時下「朝鮮独立」に共感(穂積精神の火は消えず)
PDFアジアの留学生と⑨ 悲恋の行方悩み深く(男女9人寮長は歌姫)