ABK同窓生募金 ABK Alumni Fund

ご挨拶

「ABK同窓生募金」へのご協力のお願い


財団法人アジア学生文化協会(ASCA)
理事長 小木曽 友

 皆さん、お元気ですか。随分、ご無沙汰しました。
 さて、皆さんが、若き日を過したり、交流されたアジア文化会館(ABK)は、50周年を迎え、現在、次の50年に向けての歩みをはじめています。この間、ABKの活動が、皆さんの学問技術の修得と人間的成長に、また、国境を越えた人間的和合とヒューマンネットワークの形成の促進に貢献できたとすれば、本望です。
 ところで、ABKが1983年春から始めた日本語教育事業(ABK日本語コース)は、今日定員400名まで成長しました。しかし、建築上の理由から学校と認められていません。耐震化の必要もあり、税制上も不利なため、ABK(の約半分)を学校用途に建替えることが課題となっています。それは、皆さんの後に続く若い人材の育成事業にしっかりした基礎を築くことでもあります。私たちは、関係各方面に協力をお願いしていますが、同時に「ABKの次の時代を開く」というこの難関を、ABKと縁を結んだ方々皆(留学生OB・OGをはじめ、日本人関係者)の参加する力で乗り越えたいと念願します。このようなわけで、ここに、「ABK同窓生募金」を下記の要領で立ち上げることをお許しいただきたく思います。世界的な不況の折、心苦しい限りですが、何卆、ご理解とご協力を下さいますようお願い申し上げます。

 なお、元々「ABK同窓生募金」は、以前から、同窓生の間に、「ABKの精神に基づくヒューマンネットワークを日本及びアジア諸国に広め、個々人のレベルを超えた働きができるよう、お金を出し合おう」という提案がありました。それが、当協会創立50周年を記念して開かれた会で、その核となるABKの永続性を願う立場から、「ABKが当面迫られている日本語コースの学校建設に協力することを優先しよう」と話し合われたことが、この度の同窓生募金を始めることになったいきさつです。
どうかご理解くださって、ご協力下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ先:アジア学生文化協会 50周年記念事業委員会事務局

クレジットカード決済

このページのトップへ

ご挨拶

①名 称ABK同窓生募金
②目標額50,000,000円 (伍阡萬円也)
③寄付金額一口10.000円〈一口未満でもお受けします。但し、一口未満の時は1000円以上でお願いします(注1)〉
④使 途ABKが設立する学校法人の「運営資金」に当てる(注2)
⑤募金対象 ABKと兄弟寮に居住したことのある各国(在日を含む)留学生・技術研修生・日本人学生のOB/OG(約1,000人)、ABK日本語コースの卒業生(約4,000人)、及びASCAの日本人職員・会員等(約1,000人)、並びに本募金趣旨に賛同されるすべての皆様。
⑥期 間2010年4月1日から2年間 
⑦送金方法1)、2)、3)のいずれかの方法で、ご送金下さい。
1)クレジットカード決済による送金(下記ウェブサイトで手続きできます)
 寄付のお申し込み (http://www.abk.or.jp/abkd/fund/ fund.html)
*セキュリティ上の必要から、1回の送金は上限300,000円(参拾万円也)でお願いします。
 クレジットカード決済

2)銀行振込みによる送金(下記銀行口座にお振り込み下さい)
銀行名:みずほ銀行 本郷支店
口座番号:普通預金 NO. 2789045
口座名義:財団法人 アジア学生文化協会
住所:東京都文京区本駒込2-12-13
電話番号:03-3946-4121
 **  送金手数料はアジア学生文化協会が負担します 
 *** お振込みの際は、必ず、住所、氏名をご記入下さい。

3)郵便振替による送金
郵便振替口座  00150-0-56754
加入者名    財団法人 アジア学生文化協会

(注1)同窓生には、既に停年を迎えられた方も多く、国による経済事情も異なりますので、金額よりも参加のお気持ちを大切にしたいと思います。 それで、ご寄付してくださった方々のお名前を、金額の多寡にかかわらず、新校舎に刻印し、長く残させていただく考えでおります。また、高額寄付者への顕彰を別途用意いたします。
(注2)学校設立には、校舎建設資金(約5億円)のほかに、教育の健全性を保証するために「運営資金」(約5,000万円)を所有することが必要です。募金はそのためのものとします。

このページのトップへ